FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
オーバーホール⑤
オーバーホール4日目と5日目。

5日目の今日がとりあえず最終日でした。

2日間かけて、調整をやっていただきました。



①ハンマーストップの調整。

image1_20180815010513a14.jpeg

ハンマーが弦を叩いた後、その勢いでハンマーは戻ってきますが、

その戻ってくる位置を決める作業です。


②スプリング調整

image2_20180815010514549.jpeg

真ん中辺りにある針金のようなものをスプリングといいます。

image3_20180815010516bf6.jpeg

スプリング調整中(手前に引くと強くなる)

image5_20180815010519587.jpeg

鍵盤を押して離して、ハンマーが上がるスピードで

スプリングの強さがわかります。


③ハンマー植えの角度を修正

image6_20180815010756b0a.jpeg

シャンクをあぶって修正しやすくします。


④ハンマーに弦が当たるのを均等にするための作業。

image8_20180815010800fff.jpeg

ハンマーを弦に押し当て、弦を1本ずつピッキングして、

響き方をチェックします。

3本弦の響きを聴いて、右側、左側、中央にヤスリをかけて

弦の当たりを均等にしていきます。

image9_20180815010800f03.jpeg

ヤスリをかける場所がわかりやすいように、

前もって、ハンマーと減の間にカーボン紙を挟んで、

叩いて弦跡をつけます。

image10_20180815010802de8.jpeg

image11_20180815010909f98.jpeg

image12_20180815010910ca3.jpeg


⑤コテ当て

image14_20180815010913c70.jpeg


⑥硬化剤

image15_201808150109143d5.jpeg


⑦針刺し

image17_2018081501161510c.jpeg

最後に私が試し弾きをさせてもらって、

いろんな要望を出させていただきます。

それを聞いて、⑤⑥⑦の調整を何度も繰り返して、

私の望むタッチや音色に近づけていってくださいました。

image18_20180815011616636.jpeg

時間が限られていますので、

今回はここまでで終了です。

弦の張替えまでは時間がなくてできませんでした。

それをやるか否かは、長期の休みを取らないといけないので、

様子を見ながら考えたいと思います。

image19_201808150116183d2.jpeg

オーバーホールの間、

私は、グランドピアノの横にある

アップライトをサイレントにして練習していました。

今晩から、早速グランドピアノで練習。

とても弾き心地がいいです


本当にどうもありがとうございました。









にほんブログ村 クラシックブログ
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

スポンサーサイト
オーバーホール④
オーバーホール4日目。


昨日、シャンクの長さとハンマーの角度をきれいに揃えて、

シャンクに接着剤でハンマーヘッドを取り付けました。

一晩経って乾いたので、ハンマーヘッドの穴からはみ出ている

シャンクの先端部分をのこぎりで切り取り、やすりをかけました。

image1_20180812002111676.jpeg

image2_20180812002112aca.jpeg

新しいハンマーローラー(丸くて黄色の革の部分)に、

ウイペン(サポート)を合わせます。

その他のずれやねじれを修正して、

image4_20180812003322796.jpeg

image6_2018081200332527a.jpeg

image7_2018081200332739e.jpeg

ピアノの中にハンマーアクションを入れて、

弦にハンマーを合わせます。

image5_20180812003323aed.jpeg

今日はここまで。

この後は、調整を開始します。

あと2日間かかります。





にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

オーバーホール③
オーバーホール3日目。

image1_20180810103402c38.jpeg

シャンクの裏側には、ハンマーローラーと呼ばれる

黄色い革部分があります。

ここも長年の使用による消耗で、楕円に潰れていました。

打鍵するとカタッと音がしていたのはここも原因の一つだったのでしょう。

page_201808101035267d9.jpg

新しいシャンクを取り付けたおかげで、真ん丸のハンマーローラー

image9_2018081010340693a.jpeg

シャンクの走りを取るために、のり紙を差し込んで調整します。

シャンクを持ち上げた時に、レールに対して垂直に動くように調整します。

走りとは、シャンクの動きにバラつきがないように調整することだそうです。



さていよいよ、ハンマーヘッドを取り付けます。

ハンマーヘッドの穴と、差し込むシャンクの先端が

緩くなってしまわないように調整しながら、取り付けていきます。

image7_20180810103405992.jpeg

image2_20180810103403c0c.jpeg

image11_2018081010344098a.jpeg

ハンマーヘッドの印がきれいにそろうように微調整をしながら、

接着剤で取り付けていきます。

image10_20180810103408f85.jpeg

image15_201808101034461e4.jpeg

なんてきれいなんでしょう!

これだけ綺麗にそろえるのに何時間かかったことか!

お疲れさまでした。






にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

オーバーホール②
オーバーホール2日目。

今日は、ブッシングクロス交換の続きと、

新しいハンマーの取り付けも始めました。

image1_201808090852436b9.jpeg

昨日のブッシングクロス交換の続きから始まりました。

鍵盤ガイドピン(フロントピンとバランスピン)を磨きました。

真鍮でできているので磨くとピカピカ

image3_201808090855214ac.jpeg

筬(レール)に鍵盤をはめ込んでいきます。

image2_201808090855194b3.jpeg

鍵盤の適切なアソビと、固さの調整をしました。

image4_20180809085522227.jpeg

image6_201808090857332c4.jpeg



続いて,新しいハンマーの取り付けに入りました。

image7_20180809101755e7d.jpeg

image5_2018080910213830f.jpeg

古いハンマーを残したまま、各セクションの両端だけ

新しいハンマーとシャンクを取り付けました。

image8_20180809102139bad.jpeg

今までのシャンクの長さと同じに揃えるためです。

image10_201808091021410b2.jpeg

残りのハンマーとシャンクを外して、

image11_20180809102142d57.jpeg

シャンクだけ取り付けました。

image12_20180809102144675.jpeg

今日はここまでで終了!

お疲れさまでした






にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

オーバーホール①
ピアノ教室の夏休みを利用して、

我が家のグランドピアノのオーバーホールをすることになりました。

オーバーホールとは、

通常の調律では出来ない清掃作業や劣化部品の交換、調整を主目的とします。


今日から始まりました。

まずは、ブッシングクロス交換から始めるそうです。

image6_20180808084333ea1.jpeg

本体から、鍵盤部分をがっぽり取り外して、

image7_201808080843346b5.jpeg
image8_201808080843359a2.jpeg

筬(レール)から、上に乗っかっている鍵盤を取り外します。

ブッシングクロスは、1本の鍵盤に2か所あります。

フロントブッシングクロスと、

image9_20180808084915f82.jpeg

バランスブッシングクロスというそうです。

image5_20180808084914212.jpeg

古いブッシングクロスに熱を加えて接着剤を溶かして剥がします。

image1_20180808085303246.jpeg
image2_201808080853048c7.jpeg
image3_20180808085306562.jpeg
image4_2018080808531564c.jpeg

新しいものに張り替えて、接着剤が乾くまで固定します。

image11_20180808085318bb1.jpeg
image12_20180808085319803.jpeg

この作業を 88鍵の合計176か所やっていただきました。







にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

プロフィール

ppart

Author:ppart
自宅で「ピアニッシモ」ピアノ教室を開いています。
音大生時代からピアノ指導に携わり、はや34年が経ちました。
その間には、いろいろなことがありました。
洗礼を受けクリスチャンになりました。
その後結婚をして2児の母となりました。
その子どもたちも、これから自分の足で歩むことを考える年となり、私も第二の人生を歩み始めました。

私の人生そのものの信仰とピアノを活かし、そして54年間生きてきた経験を活かして、私だからできることはないかと、立ち上げたのが
“pianissimo art”(ピアニッシモアート)、
略して“PPあーと”(ピーピーアート)

   

私、妹そして弟の兄弟3人で立ち上げた会社です。
それぞれの得意分野を生かしていきます。
誠心誠意の仕事で、皆様のお役に立てたらうれしいです。


pianissimo art HPへは、下のロゴからお入り下さい。
   ↓

みんなの喜ぶ顔が好き!ppロゴ名刺用(8)

* ピアノ教室 “PIANISSIMO”

* コンサート企画

* プロデュース

Pianisimo artオーディション!!
今年度のオーディションは

無事終了することができました。


埼玉県または近辺在住の音楽家の卵、現在演奏活動をなさっている方へ           
富士見市の"キラリ☆ふじみ マルチホール"、そして都内のホールにてミニコンサートを行いませんか?              
1人で演奏会するには重すぎる、でも演奏する機会は欲しいと考えている貴方!!                           
チャンスです!!
1人15分~20分ほどの持ち時間で、演奏してみませんか?
楽器は問いません。ソロでもアンサンブルでも可能です。
しかしながら、入場料をいただく演奏会なのでオーディションさせていただきます。
気に入った伴奏者がいらしたらその方もご一緒に。
伴奏が必要なのに伴奏者がいらっしゃらない場合は、私がお引き受け致します。
『ふじみ野・ハートフルコンサート』は、土曜日の午後の時間帯にサロン風のコンサートを毎年10~12月に予定しています。
『SHINE Concert』は不定期です。
演奏するチャンスにも恵まれますが、こういう企画が定着したら地域の文化向上にも貢献できると思っています。
賛同して下さる方お待ちしています!!
資料を欲しい方はこちらにメールを下さい。
capriccioso72@yahoo.co.jp

 

お知らせ

第19回『レパートリーおひろめ会』
7月16日(祝)13:30~
キラリ☆ふじみ メインホール

★『ピアノアンサンブルコンサート』(仮)
11月3日(土)
日仏文化協会 汐留ホール

★ 第8回『四季彩展 ~クリスマス~』
12月1日(土)~2日(日)
10:00~18:00
(2日目は17:00まで)
ふじみ野市立産業文化センター ギャラリー

ハンドメイド雑貨グループ展展示&販売
とコンサートのコラボに初挑戦!

★ 第9回『ふじみ野・ハートフルコンサート』
1月13日(日)14:00~
キラリ☆ふじみ マルチホール

ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
BLACK☆STAR