*All archives* |  *Admin*

2018/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
四季彩展 
ハンドメイド好きが高じて、自分の好きな作り手さんの

ハンドメイド雑貨グループイベントをプロデュースするようになりました。

今年で7回目。

終わってみて、あらためて思うこと。


四季彩展を始めて、7年経ったんだなあ。。。と

この地域で、場所を探すことから始めました。

候補を2ヶ所に絞り、最終的に立地条件と広さとウィンドーに惹かれ、

第1回目の時からずっと“ギャラリーあんず”さんにお世話になってきました。

「毎回楽しみにしているのよ。」という

リピーターの方々に励まされながら続けています。


ずっとお世話になっていた“ギャラリーあんず”さんが、

今年いっぱいでギャラリーを閉めることになりました。

作り手とスタッフ共々ショックで、言葉も見つかりません・・・


それから数日経って思うこと。

新たな挑戦をしてみては?ということなのかもしれません。


あーしてみたい、こーしてみたいという想像を脱し、

実現させるための機会をいただいたのかもしれません。

よーく考えてみたいと思います。


page_201711291854282e5.jpg

今回の四季彩展のメンバーです。

全員の写真を撮れなかったのが残念。

マトリョーシカ作家のアトリエju.juさんも参加予定だったのですが、

急に家庭の事情で参加できず、委託になってしまったので、

にがお絵Marのイラストにて参加。

スタッフであり私の妹には、エクセルでの会計を担当してもらっています。

45歳での高齢初産を経験して、現在3歳の子のお母さん。

最後までいられず先に帰ったので写真に写ることができませんでした!

子育て頑張れ!!(笑)




にほんブログ村
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

スポンサーサイト
振り返り
https://www.ppart.biz/

ホームページの更新&整理をしていました。

今まで行なってきたイベントやボランティア、ピアノ発表会の記録を見直しながら、

今年のピアノ発表会のことそして、Pianissimo artの今後のことを考えていました。


5年前のピアノ発表会、第13回『レパートリーおひろめ会』。

私は勿論のこと、子供たちが若い。

これだけの内容を毎年やるとなると大変なことだけど・・・

でも理想だなあ。



演奏者本人自筆のプログラム。

味があっていいなあ。



「こいぬのうんち」

またやりたいなあ。




この時の特別演奏は、ふじみ野在住のクラリネット奏者の松山美甫さん。

当時音大卒業したばかりだったんだわ。


たった5年だけど、それでも歴史を感じずにはいられません。

しみじみとしながらも、私が今できることを考えていました。


http://ppart.blog110.fc2.com/blog-entry-822.html

http://ppart.blog110.fc2.com/blog-entry-823.html

http://ppart.blog110.fc2.com/blog-entry-824.html

http://ppart.blog110.fc2.com/blog-entry-825.html

http://ppart.blog110.fc2.com/blog-entry-826.html





にほんブログ村 クラシックブログ
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

お知らせ

320_20160913132549a13.gif『Pianissimo art クリスマスコンサート』

<とき>2016年12月4日(日)17:00~
<ところ>同仁キリスト教会<入場料>2000円
<出演者>大田中早苗(Sop)小針絢子(Sop)西野伸子(Sop)原島慈子(Pf)
安東峰子(Sop)江田明子(Pf)
太田智子(Sop)篠宮久徳(Pf)
竹野智子(Sop)岩渕貴子(Pf)
楢本由香(Fl)鈴木彩音(Pf)
天辰直彦(Fl)松山美甫(Cl)八谷奈津美(Pf)


クリスマスコンサート0001





にほんブログ村 クラシックブログ
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

講座
今日は午前中、ヤマハ銀座店にて講座を受けてきました。

「ピアニストの脳を科学する」の著者古屋晋一氏による

『子供の潜在能力を最大限発揮するための練習・指導法』講座でした。

古屋氏は、音楽を愛する全ての人が、心に思い描いた音楽表現を、

身体に無理なく創造する支援を実現することを目指して研究されています。


子供の身体は、大人の縮小版ではありません。

子供の脳の成長に合わせた練習と指導法。

子供のうちにやるべきこと、やるべきではないことを教えていただきました。


聞けば聞くほど、子供にかかわる指導者の責任の大きさを痛感しました。

子供を教える先生こそ、最先端の知識に基づく最高の教育を!



41WdjNEKhZL.jpg






にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

祭り
幼稚園児も小中高大学生も春休みに入りました。

先週末から連日、たちの悪い風邪やインフルエンザで

休んでいた生徒さんたちの振り替えレッスンと、

私の都合でお休みをいただいた日の振り替えレッスンが入っていたので、

終日レッスンしていました。

そして、今日と明日は第5週のため普段のレッスンはお休み。

夜に二人ずつ振り替えレッスンが入っているだけです。




さて、現在ギロックの「祭り」という曲を練習中の大人の生徒さんがいます。

アメリカの作曲家ギロックは、バロック風から現代風まで、

さまざまな様式の作品を作曲しています。

美しいメロディの曲が多いので、生徒さんたちにも人気の作曲家です。

「祭り」は、『こどものためのアルバム』の中の1曲です。

たぶんご存知の方が多いでしょう!


この「祭り」が、どのような祭りなのだろうという話になりました。

「祭り」というと、

日本のわっしょい!わっしょい!の祭り、

リオのカーニバルのような祭り、

など、にぎやかで華やかなイメージがあります。


しかしながら、ギロックのこの「祭り」は、バロック調の曲で、

躍動感や元気な力強さもありますが、

内なる熱き想いや喜び、そして厳かな雰囲気さえ感じられます。

「どう考えても、日本の祭りや、リオのカーニバルじゃないよね。」ということになりました。

どうしてギロックは、この「祭り」をバロック調の曲にしたのでしょう・・・

そこにヒントがあるように思いました。

ギロックは、コラール、教会の鐘、聖体行列など宗教的な曲も書いています。

彼はクリスチャンなのかなあと思い、ギロックについて調べてみたのですが、

それに関してはわかりませんでした。

なので、あくまでも推測でしかないのが残念なのですが・・・


そこで、変わらずあくまでも推測の範囲での私の解釈としては、

この「祭り」は、キリスト教の祭りごと、

復活祭(イースターのお祭り)ではないかというところに行きつきました。

でも、この曲を弾いている彼女本人は、

クリスチャンではないので、そのような感覚がわからない・・・と。

ではそれに代わる、何か感じ取ることのできるたとえはないものかと・・・

ない頭で必死で考えていたら・・・

「先生!日本のお盆はどうでしょう!

祖先の霊が子孫や家族のもとに帰ってくるとされています。

お迎えする準備と喜びです。」

ということでその日のレッスンは終わりました(笑)


みなさんは、この「祭り」はどのような祭りだと解釈されますか?








にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

プロフィール

ppart

Author:ppart
自宅で「ピアニッシモ」ピアノ教室を開いています。
音大生時代からピアノ指導に携わり、はや34年が経ちました。
その間には、いろいろなことがありました。
洗礼を受けクリスチャンになりました。
その後結婚をして2児の母となりました。
その子どもたちも、これから自分の足で歩むことを考える年となり、私も第二の人生を歩み始めました。

私の人生そのものの信仰とピアノを活かし、そして54年間生きてきた経験を活かして、私だからできることはないかと、立ち上げたのが
“pianissimo art”(ピアニッシモアート)、
略して“PPあーと”(ピーピーアート)

   

私、妹そして弟の兄弟3人で立ち上げた会社です。
それぞれの得意分野を生かしていきます。
誠心誠意の仕事で、皆様のお役に立てたらうれしいです。


pianissimo art HPへは、下のロゴからお入り下さい。
   ↓

みんなの喜ぶ顔が好き!ppロゴ名刺用(8)

* ピアノ教室 “PIANISSIMO”

* コンサート企画

* プロデュース

Pianisimo artオーディション!!
今年度のオーディションは

無事終了することができました。


埼玉県または近辺在住の音楽家の卵、現在演奏活動をなさっている方へ           
富士見市の"キラリ☆ふじみ マルチホール"、そして都内のホールにてミニコンサートを行いませんか?              
1人で演奏会するには重すぎる、でも演奏する機会は欲しいと考えている貴方!!                           
チャンスです!!
1人15分~20分ほどの持ち時間で、演奏してみませんか?
楽器は問いません。ソロでもアンサンブルでも可能です。
しかしながら、入場料をいただく演奏会なのでオーディションさせていただきます。
気に入った伴奏者がいらしたらその方もご一緒に。
伴奏が必要なのに伴奏者がいらっしゃらない場合は、私がお引き受け致します。
『ふじみ野・ハートフルコンサート』は、土曜日の午後の時間帯にサロン風のコンサートを毎年10~12月に予定しています。
『SHINE Concert』は不定期です。
演奏するチャンスにも恵まれますが、こういう企画が定着したら地域の文化向上にも貢献できると思っています。
賛同して下さる方お待ちしています!!
資料を欲しい方はこちらにメールを下さい。
capriccioso72@yahoo.co.jp

 

お知らせ

第19回『レパートリーおひろめ会』
7月16日(祝)13:30~
キラリ☆ふじみ メインホール

★『ピアノアンサンブルコンサート』(仮)
11月3日(土)
日仏文化協会 汐留ホール

★ 第9回『ふじみ野・ハートフルコンサート』
1月13日(日)14:00~
キラリ☆ふじみ マルチホール

ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
BLACK☆STAR