FC2ブログ

ひだまり

第二の人生を歩き始めようとしている町のピアノ教師の日々を綴っていこうと思います。家庭のこと、ピアノ教室のこと、信仰のこと、そしてこれから始めようとしている第2の仕事のことなどの奮闘記です。

キラリ☆ふじみ

富士見市文化会館 「キラリ☆ふじみ」のマルチホールで、

オーディションと『ふじみ野・ハートフルコンサート』をやらせていただいて、

もう5年目を迎えます。

ピアノ教室の発表会は「キラリ☆ふじみ」のメインホールの方で、

もっと長いお付き合いです。

2006年からなので、今年で9年目です。

駅から遠くて便の悪いのが玉に傷ですが、

それでも使用させてもらいたいと思うくらいに、

このホールは本当にいいホールです。

メインホールは、音響が良くてCD録音にも使われているようです。

マルチホールは多目的ホールになので、

使用目的によって適した形に変身できるホールです。

来年の3月には道路を挟んだ隣の敷地にららぽーとができます。

ますます賑わうことでしょう!




今日は、5月17日(土)にマルチホールで行う予定の

第5回 Pianissimo artオーディションの打ち合わせに行って参りました。

昨年の春から新システムで運営されるようになり、

いろんなことが変わってしまいました。


音響技術スタッフの代表者の方と打ち合わせをするのですが、

昨年の新システムに変わる前の最後の打ち合わせに行った時に、

ずっとお世話になっていたOさんが、

「杉渕さん、僕はこの3月でここを辞めることになりました。

詳しいことはお話しすることはできないのですが、

きっと杉渕さんも感じる時が来ると思います。

僕はここにはいられません。」

実に親身になって打ち合わせに付き合って下さり、

こちらの希望に技術者のプロとして応じて、

100%信頼できる仕事をして下さる方だったのです。

ですからOさんの言葉と、彼がいなくなってしまうことが、

かなりショックでした。


あれから本当にOさんがいなくなって、

昨年の5月オーディション、7月の発表会、

10月のハートフルコンサートと、1年が過ぎました。

そして今日の打ち合わせ。

新しい音響技術スタッフさんは、打ち合わせの時に

一度もこちらと目を合わせることがありません。

そして、こう言います。

「こういう決まりなので、そういうことは困るんですよね・・・」



もうひとつ、昨年のハートフルコンサートの時の話です。

マルチホールは、床から舞台や客席を出すことができるので、

演奏会ホールとして使用する場合は、

舞台と客席を出して壁とドアを組立てるのが普通なのですが、

ハートフルコンサートは、クラシックを身近に感じて欲しいという

目的があるので、舞台も客席も出さないで、

フラットのままで、コンサートを行っています。

これがこだわりなので、4回ともずっとそうしてきました。

そしてOさんは、「なかなか面白い発想ですね!

今まで、コンサートでこのような使い方をした方はいないですが、

なかなかいいと思いますよ。私たちも素敵なコンサートになるように、

できるだけの協力をさせていただきますよ。」と激励してくれました。


ところが、昨年は初めて顔合わせをしたスタッフの方に、

「杉渕さん、13時始まりということになっていますが、

次回からは、13時から調律を入れるのはやめてください。

照明などの準備のため危ないですから、1時間は準備時間です。

調律を入れる場合は、14時からにして下さい。

それから、あなたが変わった使い方をするからこういうことになるので、

照明の準備をするのに、そちらからも一人照明の準備をしてくれる

スタッフを出していただきたいのです。」

その他にも、細かいこと諸々。

今までの対応とのギャップに最初は言葉も出ませんでした。

私も色々な疑問をその方に投げかけましたが、館長さんがやってきて、

「何か問題でもありますか?私が聞きますよ。

色々とシステムが変わったんです。今までとは違うんです。」

私はこれ以上何かを言ったら、

たぶんブラックリストに載ってしまうんだろうなあと思い、言葉を呑みました。

多分、学校で言うモンスターペアレント扱いです。


残念な話ですが、完全にお役所仕事になってしまったわけです。

Oさんのようなプロの技術者はいられないし、

ホール側もいらないというわけです。

こんな本当に残念なホールになっても、ホール自体は素敵だし、

ららぽーとはできるし、利用者はいくらでもいるということなのでしょう。

「不満があるなら、どうぞ使って下さらなくて結構ですよ。」

と強気の発言なんだなあと、私は感じました。








にほんブログ村 起業・独立
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ppart

Author:ppart
自宅で「ピアニッシモ」ピアノ教室を開いています。
音大生時代からピアノ指導に携わり、はや36年が経ちました。
その間には、いろいろなことがありました。
洗礼を受けクリスチャンになりました。
その後結婚をして2児の母となりました。
その子どもたちも、これから自分の足で歩むことを考える年となり、私も第二の人生を歩み始めました。

私の人生そのものの信仰とピアノを活かし、そして56年間生きてきた経験を活かして、私だからできることはないかと、立ち上げたのが
“pianissimo art”(ピアニッシモアート)、
略して“PPあーと”(ピーピーアート)

   

私、妹そして弟の兄弟3人で立ち上げた会社です。
それぞれの得意分野を生かしていきます。
誠心誠意の仕事で、皆様のお役に立てたらうれしいです。


pianissimo art HPへは、下のロゴからお入り下さい。
   ↓

みんなの喜ぶ顔が好き!ppロゴ名刺用(8)

* ピアノ教室 “PIANISSIMO”

* コンサート企画

* プロデュース

FC2カウンター