夏の夕涼みコンサート

IMG0001_20160809002102c9f.jpg

歌とサクソフォーンとピアノによるトリオなんて珍しい

既存のクラシックの枠を外すべく、自由なアレンジでアンサンブル。

トリオ名は‟レガリーノ”

‟レガリーノ”とは、イタリア語で「少しばかりの贈り物」。


13903383_918961904896284_5459049308936403743_n.jpg

securedownload4_20160809014914ded.jpg

securedownload5.jpg

雑司が谷の住宅街にある音楽堂でのコンサート。

高い天井のホールの2階席でコンサートを堪能しました。


ピアノ・ソロ、ドビュッシーの「アラベスク2番」。

サクソフォーン・ソロ、サンサーンスの『動物の謝肉祭』終曲。

ソプラノ・ソロ、武満徹の「島へ」。

ピアソラのトリオ、「チェ タンゴ チェ」。

特に心に残った曲です。

まさに、色の違う楽器同士が混ざり合って、一つの織りなされた響きとなって

私たちを魅了してくれました。

実は、ピアニストは音大時代同じクラスで学んだ、

そして、昔一緒にコンサートをした友なんです(*^_^*)






にほんブログ村 クラシックブログ
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback