文旦とレモン

田舎の友達が、阿久根名産の文旦(ぼんたん)を送ってくれました。

数日玄関に飾って香りを楽しみ、実家に持っていきましたが、

実家にも母の友達から文旦が届いていたので、

再び持って帰ってきました。

securedownload1_20170215012227580.jpg

securedownload_20170215012226217.jpg

マグカップと並べてみました。こんなに大きいのです。

securedownload2_20170215012229df2.jpg

皮の表面に包丁で切り込みを入れて剥きます。

皮がこんなに厚いのです。

securedownload3_2017021501223038c.jpg

2個分の果肉。沢山ですが、あっという間になくなりました(笑)

securedownload6_20170215012232b35.jpg

皮は、砂糖漬けにしてみました。

内綿皮だけでなく、黄色い表面の部分もつけたまま砂糖漬けに。

渋さが残っている方が好きなのでそうしてみたのですが、

果たして、成功するか失敗に終わるか・・・

この状態で何日間か乾かしてみようと思います。


それからもうひとつ。

securedownload8_20170215014517ba0.jpg

田舎の友達が、庭で自生しているレモンも一緒に送ってくれました。

はちみつレモン漬けにしたり、

securedownload7_20170215014516e18.jpg

そして、‟レモン酢”にも初挑戦しました。

あと4個残っているので。それは‟塩レモン”にしてみようと思います。



20170215110826ee4.jpg

早速作ってみました‟塩レモン”

流行遅れの初挑戦です。

発酵するまで待ちましょう(#^.^#)






にほんブログ村
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback