年季もの

久しぶりのブログ更新です。

母の告別式で始まった今年ですが、どうも試練の年のようです。

なかなか精神状態きつくて、神様に泣きごとばかりをお祈りする日々が続いていますが、

悲しくても寂しくても辛くても、やるべきことは沢山あり。

そして、やるべきことがあるおかげで救われているのかもしれませんね。


さて、発表会のピアノアンサンブルの曲はもちろんのこと、

ソロ曲の方もおちびちゃんたち(幼児)を除いてほぼ決まりつつあります。

フルーい楽譜から新品の楽譜まで、本棚から引っ張り出してきて、

山積みになっていた楽譜たちですが、今は数冊を残し、

楽譜たちは本棚の元の場所に戻っていきました。


土曜日の朝一レッスンのAちゃんはぴかぴかの1年生。

彼女もソロ曲が決まりました。

ケーラー作曲「お庭で」とアルト作曲「おはじき」。

楽譜は私の楽譜をコピーして渡したのですが、

その楽譜が年季ものですごいと話題になりました。

securedownload3_201704240140324a2.jpgsecuredownload4_2017042401403317d.jpg

この楽譜260円です!

この曲集は、ケーラーの「子供のアルバム」と「子供のお友だち」からの抜粋です。

securedownload_20170424014029d0c.jpgsecuredownload2_20170424014031034.jpg

こちらは200円(笑)

securedownload7_20170424015807d3b.jpg

ここに書かれているように、現代曲です。

ここには、現代アメリカの新進作曲家とありますが、

当時そうだったのであって、彼らはもう新進作曲家ではないですね(笑)

今はもうない楽譜ですが、私のお気に入りです。

securedownload5_20170424015804f57.jpgsecuredownload6_20170424015805240.jpg


そして、夕方からの生徒さんとも古い楽譜の話題になりました。

securedownload9_201704240158107de.jpg

ツェルニー40番の練習曲集を勉強している彼女と練習曲集の話になりました。

私が使っていたクラムマー ビューローの楽譜。

今時ビニールカバーのついた楽譜が珍しいこと(笑)

securedownload8_20170424015809c38.jpg

「衝撃です、この縦書き!!はじめてです、これ」

40歳の彼女ですが、ピアノを始めた中学生の時には、もう横書きだったそうです(笑)

年季もののお話でした。






にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師
もしよろしかったらポチッとお願いします。ありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback